現在、ブログ記事の移転修正を行っております。そのためデザインの崩れが発生しております。

【おすすめ】ロサンゼルスを舞台にした映画のまとめ。

ハリウッド

映画の魅力の1つは、異国の街並みや文化を楽しめることでしょうか。

いつか行ってみたい街、行ったことのある懐かしい街、様々な街を舞台にした作品は、心だけ、異国へと飛ばせてくれる気がします。

今日は「ロサンゼルス」を舞台にした映画について、ピックアップしてみました。

その他の街は以下の記事をお読みください。

『ブギーナイツ』

監督:ポール・トーマス・アンダーソン

出演:マーク・ウォールバーグ/ジュリアン・ムーア/バート・レイノルズ

製作:1997年/アメリカ

1970年代後半から80年代にかけての、ポルノ産業に従事する人々の心の葛藤と業界の裏側を描く人間ドラマ。出典:映画.com

第70回アカデミー賞に3部門ノミネートされました。

『チャイナタウン』

監督:ロマン・ポランスキー

出演:ジャック・ニコルソン/フェイ・ダナウェイ

製作:1974年/アメリカ

アメリカ西海岸最大の近代都市としての様相をととのえつつあった1930年代のロサンゼルスを舞台に、政治的陰謀に巻き込まれた私立探偵の活躍を描く。出典:映画.com

第47回アカデミー賞で、11部門にノミネートされ、うち脚本賞を受賞した70年代を代表する傑作。

鼻をスパァ!と切りつけられるシーン、暗闇の中に沈んで姿の見えない敵…。淡々とした展開ながら、切れ味の鋭いシーンが多数、織り込まれている。

鑑賞後の後味の悪さはピカイチ。重苦しい気持ちを存分に味わいたい方におすすめ。

『ヒート』

監督:マイケル・マン

出演:ロバート・デ・ニーロ/アル・パチーノ/ヴァル・キルマー

製作:1995年/アメリカ

プロの犯罪者ニール・マッコーリー率いるグループが、現金輸送車から多額の有価証券を強奪した。捜査に乗り出したロサンゼルス市警のビンセントは、わずかな手がかりからニールたちの犯行と突き止め、執拗な追跡を開始する。出典:映画.com

ハリウッドの大物俳優2人の共演と、クライマックスの壮絶な銃撃戦は見ごたえが十分。

追う者と追われる者、立場は違っても、二人の間には共通する「何か」がある。そんな気がします。

『パルプ・フィクション』

監督:クエンティン・タランティーノ

出演:ジョン・トラボルタ/サミュエル・L・ジャクソン

製作:1994年/アメリカ

アメリカの低級犯罪小説であるパルプマガジン的なストーリーをコンセプトに殺し屋たちの話を3つの物語が交錯するように語られるコメディあり、ヴァイオレンスありのドラマ。出典:映画.com

いくつかのストーリーが時間軸を行ったり来たりしながら、並行して語られる。1つ1つのストーリーはくだらないのですが、俳優たちの口からあふれだす、膨大なセリフ、パズルのようにハマっていくピース、気が付いたらどっぷりハマってしまうこと、間違いなしの傑作です。

第67回アカデミー賞で脚本賞を受賞。

『クルーレス』

監督:エイミー・ヘッカリング

出演:アリシア・シルバーストーン/ブリタニー・マーフィ

製作:1995年/アメリカ

 シェールはビバリーヒルズに暮らす16歳の女子高生。おしゃれ大好き、ダサいこと大嫌いな彼女は、成績アップのために先生に恋の相手を見つけてあげたり、転校生のタイをおしゃれにしてあげたり、と大忙し。リッチな生活を満喫する一方、やがて彼女は本当の自分を、そして本当の恋を知ることに……。出典:映画.com

ジェーン・オースティンの『エマ』を下敷きにした作品。ちょっと古い作品ですが、ノリとテンポのいいラブコメ。

当時の若手人気俳優の共演のみどころ。アフラフォー以上の映画ファンには懐かしい名前が並んでいます。

『L.A.コンフィデンシャル』

監督:カーティス・ハンソン

出演:ケビン・スペイシー/ラッセル・クロウ

製作:1997年/アメリカ

1953年、ロサンゼルス。元刑事を含めた6人の男女が惨殺された事件の捜査にあたっていたロス市警の刑事バドは、やがて売春組織の娼婦リンにたどり着く。一方、殉職した刑事を父に持つ野心家のエド、そしてテレビの刑事ドラマでアドバイザーをしているジャックも動き出す。刑事たちはぶつかり合いながらも、やがて手を組み、警察内部の汚職に立ち向かうことに……。出典:映画.com

3人の個性的な刑事たちが、謎に包まれた事件の謎を追うサスペンス。暗く沈んだロサンゼルスの闇の部分がえぐりだされます。

第70回アカデミー賞で、9部門にノミネート。うち、3部門でオスカーを獲得。

『ビッグ・リボウスキ』

監督:ジョエル・コーエン

出演:ジェフ・ブリッジス/ジョン・グッドマン

製作:1998年/アメリカ

富豪の若妻の誘拐事件に巻き込まれたヒッピーくずれの中年男の珍騒動を描いた一編。出典:映画.com

気付いたらどっぷりハマってしまう、ブラックコメディ。なんだかよくわからないけど、「まあ、いいかぁ。」という気持ちになってしまう(笑)

『ロング・グッドバイ』

監督:ロバート・アルトマン

出演:エリオット・グールド/スターリング・ヘイドン

製作:1973年/アメリカ

私立探偵フィリップ・マーロウはメキシコに行くという友人ハリーを車で送った翌日、警察に連行される。ハリーの妻が殺害されたのだ。しかしメキシコでハリーが自殺したことが伝えられ、マーロウは釈放される。その後、マーロウはアイリーンという女性から作家である夫を捜してほしいと依頼されるが……。出典:映画.com

レイモント・チャンドラーの同名小説を原作とする作品。巨匠アルトマンならではの、独特のマーロウが描かれる。

『理由なき反抗』

監督:ニコラス・レイ

出演:ジェームズ・ディーン/ナタリー・ウッド

製作:1955年/アメリカ

「エデンの東」でアカデミー男優賞候補となったジェームズ・ディーンの遺作。青少年の犯罪心理を追求したニコラス・レイの原作をスチュワート・スターンが脚色、アーヴィング・シュルマンが潤色シ、ニコラス・レイが監督した。出典:映画.com

繊細で複雑な青年の姿を、夭折したジェームズ・ディーンが見事な演技で表現している。もしも、彼が生きていたら…と想像せずにはいられない。

本作で登場するプラネタリウムは、『ラ・ラ・ランド』で登場したプラネタリウムと同じです。(『ラ・ラ・ランド』の『理由なき反抗』へのオマージュ)

『雨に唄えば』

監督:アーサー・フリード

出演:ジーン・ケリー/デビー・レイノルズ

製作:1952年/アメリカ

無声映画からトーキーに移行し始めた頃のハリウッド。人気スターのドンとリナは何度も共演し結婚を噂される間柄だが、ドンはつけ上がった態度のリナに愛想を尽かしている。そんなある夜、ドンは歌も踊りも上手い新進女優キャシーと恋に落ちる。その後、ドンとリナの新作がトーキーで製作されることになるが、リナの致命的な悪声のために不評を買ってしまう。そこでドンはリナの声をキャシーに吹き替えて製作することを思い立つ。出典:映画.com

ミュージカル映画の傑作として名高い作品。音楽、ダンス、セリフ、雰囲気…すべてがパーフェクト。50年代ならではの、古い映画のよさが溢れています。

『ブレードランナー』

監督:リドリー・スコット

出演:ハリソン・フォード/ルドガー・ハウワー

製作:1982年/アメリカ・香港

2019年、惑星移住が可能になった未来。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、地球に侵入。レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカードは追跡を開始する。一方、彼は製造元のタイレル社でレイチェルというレプリカントに会い、心を通わせていくが……。出典:映画.com

未来のロサンゼルスが描かれる。冷たい雨の降り続く、暗いロサンゼルスの街に、毒々しく輝くネオン。リドリー・スコットが描いた斬新な未来像は、今なお、熱狂的なファンの心を掴んで離しません。

『サンセット大通り』

監督:

出演:ウィリアム・ホールデン/グロリア・スワンソン

製作:1950年/アメリカ

売れない脚本家ギリスは、無声映画時代の大女優ノーマの家へ迷い込む。華やかな世界への返り咲きを願う彼女は、ギーリに脚本の手直しを頼むが……。ノーマ役のグロリア・スワンソンの緊迫感あふれる演技は秀逸。「クレオパトラ」などの監督として知られるセシル・B・デミルが、本人役で登場している。出典:映画.com

クライマックスの、グロリア・スワンソンの狂気に満ちた表情…。しばらく、脳裏に焼き付いて離れませんでした。モノクロですが、今も見る価値は十分の傑作です。好きすぎて、何度も何度も繰り返し観ている作品です。

重苦しいし、異常だし、恐ろしいのに、切ないような気持ちにもなります。

第23回アカデミー賞で11部門にノミネート、うち脚本賞他、3部門を獲得。

『コラテラル』

監督:マイケル・マン

出演:トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス

製作:2004年/アメリカ

トム・クルーズ演じる殺し屋ビンセントは一晩で5人の標的を抹殺するため、たまたま乗ったタクシー運転手マックスを脅迫、彼のタクシーで夜のロサンゼルスを廻る。ビンセントの目的を知った運転手マックスは、なんとかビンセントの企てを阻止しようとするのだが。出典:映画.com

ヒーロー役を演じることが多いトム・クルーズが押さえた演技で、冷静沈着で残酷な殺し屋を演じています。

監督は先ほど紹介した『ヒート』のマイケル・マン。残酷で、美しい映像で、一夜の出来事を描きます。

『ラ・ラ・ランド』

監督:デミアン・チャゼル

出演:ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン

製作:2016年/アメリカ

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。出典:映画.com

第89回アカデミー賞で最多14部門にノミネートされた傑作ミュージカル。うち、監督賞・主演女優賞等、6部門を受賞しました。

冒頭の群舞が見事!最初で心を掴まれたら、そのまま、ラストまで美しい歌声とダンスに魅了されっぱなし。ラストでは大号泣してしまった。大好きな作品の1つ。

たくさんの過去の名作ミュージカルへのオマージュ・シーンが話題になりました。

世界の都市を舞台にした作品はこちら