現在、ブログ記事の移転修正を行っております。そのためデザインの崩れが発生しております。

『リトル・ミス・サンシャイン』/目指すはミスコン!おかしな家族が旅に出る。

最初に観たのは10年くらい前ですが、今も大好きな作品です。

たくさんの問題を抱えて崩れかけた家族が、てんやわんやの珍道中を経て再生してゆく物語。とってもかわいらしくて、心温まる映画です。笑えて泣けるお気に入りの映画です。

第79回アカデミー賞では作品賞を含む4部門でノミネート。(作品賞は『ディパーテット』が獲得)そのうち、脚本賞と主人公オリーブの祖父を演じたアラン・アーキンが助演男優賞を受賞しました。

主人公オリーブを演じたアビゲイル・ブレスリンの可愛らしさも必見です^^

<スポンサーリンク>

『リトル・ミス・サンシャイン』

監督・出演・製作 基本情報

監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス
出演:アビゲイル・ブレスリン/グレッグ・ギニア/トニ・コレット/ポール・ダノ/アラン・アーキン
製作:2006年/アメリカ

監督のジョナサン・デイトンはヴァレリー・ファリスはなんとご夫婦で、同監督の作品としては本作で主人公の兄を演じたポール・ダノが主人公をつとめた『ルビー・スパークス』があります。

結末そのものには言及していませんが、雰囲気はネタバレしていますので未鑑賞の方はご注意ください。

あらすじ

f:id:sakuraho:20170129213256j:plain

映画に登場する家族がと~っても変な家族でね。

独自の成功理論を振りかざす横暴な父親(でも自分は成功してない)と、そんな夫と喧嘩が絶えない母親。恋人に振られて自殺未遂をしたゲイの叔父と、ヘロイン中毒で超エロ好きなおじいちゃん。「パイロットになるまで口をきかない」との無言の誓いを立て、ホントに何にもしゃべらないお兄ちゃん。

そしてミスコンで優勝することを夢見る女の子オリーブ。ちょっと太め。(おなかがタヌキさんみたい(笑))

このオリーブが地方大会の繰り上がりでミスコンの本大会に出場することになり、家族はモメながらも一路、黄色いワゴンに乗って大会の開催されるカリフォルニアを目指す。そんなロードムービーです。

感想~歪んだ家族は絆を取り戻せるか?~

この家族、かーなーり歪んでる。

映画として観る分には愉快なんだけれどね。実際こんな家族の中で育ったら、そりゃお兄ちゃんが口をきかなくなるのもわかります。

特にお父さんがきっついわぁ。

 勝ちか負けか。

そればっかりを家族に押し付ける。自分はどうなの??って感じ(≧ヘ≦) ムゥ

オリーブが「パパは負け犬が嫌いだから。」って言うところ、観てて辛かったです。

どんな親でも子供にとっては大好きな親。嫌われたくないし、喜ばせたいと思うのが子供心。でもそれで子供がムリしちゃうのは可哀相だ。

確かに人生では勝ち負けにこだわらなくてはならない時もあるけど、子供にはもっとおおらかに夢を持てるような環境を与えてあげられたらいいなぁって思います。

でもね、家族って一筋縄ではいかないもの。

だから大切で、だから難しい。

一見バラバラに見える家族も、愛情で結ばれた絆があります。

家族って、単純に「好き」とか「嫌い」とかいう感情を越えた「情」でつながっているようなところ、ありますよね(*^-^)ニコ

オリーブのために家族が一致団結するところはかなり笑えるけど、中々感動的でありました。もうてんやわんやの珍道中です。奮闘ぶりが常識はずれで、

「ええ??おじいちゃん??」

ってなりました(笑)

ミスコンに出場した美少女たちの大人に媚び媚びのポーズよりも、子供らしいオリーブちゃんがかわいらしくて魅力的だった。

おじいちゃんの振付けたダンスも「さすがおじいちゃん!」ってカンジで(笑)

この映画で一番おいしいのはおじいちゃんかもしれませんね(*´∇`*)

定期的に観返したくなる大好きな作品のひとつです。

▼その他のアビゲイル・ブレスリン主演作品

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です